腱鞘炎用手首、親指サポーターの通販ショップ

サイトマップ
e-メディカルショップ
サポーターメニュー 首コルセット 肩サポーター 肘サポーター 手首サポーター 親指サポーター 指サポーター 胸サポーター
腰痛コルセット 骨盤ベルト 股関節サポーター 大腿サポーター 膝サポーター 下腿サポーター 足首サポーター インソール(靴中敷)
テーピング 暖かサポーター

関節の痛みでお悩みの方に誠心誠意、迅速な対応でコルセット、サポーターをお届けします。

ホーム > 手首サポーター

手首サポーターメニュー

手首ホーム A・リストガード 手首フリー リストバンド140 サムフリー リストプロテクター D-LINEリストコントロール ハイパフォーマンス・リスト スーパープロリストラップ スーパープロリストラップライト ソルボDoリストサポーター

その他のサポーターメニュー

首部 肩部 肘部 手首部 親指部 その他の指部 胸部 腰痛コルセット 骨盤ベルト 股関節部 大腿部 膝部 下腿部 足首サポーター インソール(靴中敷) テーピング 発熱ウォーマー あずま整骨院 ブログ・プロフィール カートの中身を見る

手首サポーター

手首のサポーターは捻挫時や手首の使いすぎで起こる腱鞘炎の痛みの抑制や再発防止に効果を発揮します。

摘要症状はゴルフ腱鞘炎、育児腱鞘炎、テニス腱鞘炎、マウス腱鞘炎、パソコンキーボード腱鞘炎など。






  A・リストガード

症状に合わせて段階的に締め付け具合が調節できる手首サポーター。捻挫、腱鞘炎など手首痛にはおすすめの新製品の手首のサポーターです!
税込標準価格
3,132円

  手首フリー

手首巻き付けタイプのサポーターで着脱が簡単、しかも固定強度はぴったりフィットの微調節が可能な手首専用サポーターです。
税込標準価格
1,620円

  リストバンド140

手首に沿う形状により固定力を高め、テニスなどのスポーツ時に手首の背屈を制限する手首サポーター
税込標準価格
1,080円

 スリムリストバンド

日常生活やスポーツ時にご使用いただけるスリムでシンプルなリストバンド(手首サポーター)。
税込標準価格


 サムフリー

巻き付けタイプで着脱が簡単な手首サポーターで、固定強度の微調整が可能。保温と適度な圧迫感で、ケガの予防、再発防止に適した手首サポーターです。
税込標準価格
2,484円

 D-FENS・リスト

この商品は廃盤となりました。
税込標準価格


 リストプロテクター

背屈・掌屈・尺屈・橈屈の制限をします。
手首を痛めていてもスポーツをしたいと言われるアスリートにお勧めのサポーター。この商品は廃盤となるため在庫限りとなります。
税込標準価格
3,132円

 D-LINEリストコントロール

D-LINEリストコントロールはあらゆるスポーツ、ゴルフ、テニス、バドミントン、バレー、など手首を酷使するシーンに使うことで手首に対する衝撃、負担を減らし、オーバーユース(使いすぎ症候群)からあなたの手首を守ります。
税込標準価格
2,035円

 ハイパフォーマンス・リスト

2つの高反発パッドで挟み込み衝撃吸収と動作制限を実現した手首のサポーターです。
税込標準価格
2,700円

 スーパープロリストラップ

手首の障害予防と.再発防止に。
税込標準価格
1,620円

 スーパープロリストラップライト

微妙な調節が可能なシングルラップタイプ。
税込標準価格
1,404円

 ソルボDoリストサポーター

手首の動きを妨げずにサポート・固定 手首対策サポーター。
税込標準価格
4,104円



腱鞘炎という言葉はよく聞かれる言葉ですが、さて腱鞘炎とは何でしょう。

腱鞘の腱とは、指などを動かすときに筋肉から指につながるスジのことをいいます。では腱鞘の鞘とは字の如くさやのことですが、 このさやは各関節についているもので、このさやの中を腱が指をうごかすたびに行き来しています。普段は少々動かしても痛みが出る事はありませんが、 細かい手先の仕事や趣味などに根を詰めてするとこのさやの部分に負担がかかり、炎症を起こしてきます。若い人ではよほどのことでは 起こらないようですが、年を重ねる事によって、また、女性の方ほど発生しやすいようです。それではなぜ年をとると腱鞘炎になりやすいのでしょう。

年をとると組織の老化はもちろんの事ですが、動脈硬化などによって血管の内径が細くなったりして血流の循環障害が起こる事が考えられます。 それ以外に、疲労がたまったとき、筋肉が硬くなったり緊張したりして血管が圧迫され、血液の流れが悪くなっているとも考えられます。 血液の流れが悪くなるとその部分の疲労が取れないわけですから、それが積み重なって、しまいには腱鞘炎という痛みとなって現れてきます。

さて、そこで治療ですが、最もいい方法はその原因となる動作である仕事、スポーツなどを休む事です。しかし、それはなかなか難しい事です。 働いていれば会社の都合もあり、また、収入も減ります。スポーツではクラブに入っていると仲間に迷惑がかかるし、試合が近づいていると 早々休むわけにも行きません。

そんなときはどうするかというと、炎症を抑えるためにとにかく冷やす事です。一日に1度から2度20〜30分間感覚がなくなるまで氷水で 冷やしてください。そしてテーピング、サポーターなどで固定してある程度の動きを抑え、その患部より上の筋肉をよくマッサージして緊張をゆるめ、 これでしばらく様子を見ましょう。
しかし、これでも腫れや痛みが退いてこない事もあります。そんなときは整形外科などで注射をしてもらうのも一法です。

お知らせなどなど

お知らせ
返信メールについて
お願い
FAX注文はこちらからどうぞ
お問合せはこちらからどうぞ

ショッピングカート

支払い上手

NPカード

NP後払い

e-コレクト

特定商取引法の表示
利用規約
プライバシーポリシー
支払い方法について
送料、発送方法について
Q&A
お客様の声
用語集